他人の意見を聞くことで大きく成長できる|覆面調査がベスト

飲食店のモニター

スーツの人

調査を行う業者

自社で経営している店を客観的に見ることはきわめて難しいといえます。しかし、業者に覆面調査を依頼することによって、第三者の色眼鏡の無い意見を聞くことが出来るようになるのです。大手チェーン店でも抜き打ち調査として定期的に覆面調査を実行しています。そうすることによって、接客や食事内容などが適切であるかどうかを確認することが出来るのです。身内でそうした調査を行うとどうしても偏った意見になってしまいます。身内びいきになってしまわないことを意識しすぎ、不必要に厳しい意見を言ってしまうのもよくありません。甘いのはもちろんよくありませんが、厳しすぎても従業員が対応できないのです。覆面調査を依頼する際の基礎知識としては、海外で行われているミステリーショッパーと大差ありません。従業員には知らせないようにして、消費者の立場で接客態度と店内の清潔さをチェックするというものです。サービスが悪い店というものを見つけ出すための調査であって、普通に営業している店の査定を下げるためのものではありません。良く経営者が従業員に難癖をつけて給料を下げようと考えることがありますが、それは覆面調査では出来ないことです。なぜなら、ただの消費者としてチェックを行う以上、目立った問題が無ければ何も指摘することができないからといえます。そういった悪いところがないかを確認するための調査なので、基本的には何も問題ないことを再確認することになるでしょう。今までどおりの営業を行うことになるパターンがもっとも多いので、そのことをしっかり認識して覆面調査を依頼するべきです。