他人の意見を聞くことで大きく成長できる|覆面調査がベスト

顧客の立場でチェック

探偵

覆面調査とは、調査員が顧客になりすまして店舗を利用し、使いやすさや接客のレベル、清潔度などを総合的にチェックするものです。海外で始まったものであり、顧客目線で店舗の状況をチェックするという点に特徴があります。小売店や飲食店などで特に多く利用されています。覆面調査は、依頼主、覆面調査会社、調査員、調査対象店舗の四つのポイントで構成されています。まず、依頼主が覆面調査会社に調査を依頼します。調査対象店舗は自社の店舗であることもあれば他社の店舗であることもあります。依頼を受けたら、会社は調査員を店舗に派遣します。調査員は会社に所属している熟練の調査員であることもあれば、一般の人に募集をかけ、より顧客目線で調査を行うこともあります。調査員はあくまで単なる顧客として店舗に行き、いつものように商品やサービスを購入します。そして、帰宅してからチェック項目に回答します。調査員からチェック項目があがってきたら、それを依頼主に提出して調査は完了となります。依頼主のもとでは、調査結果を利用して自社や他社の営業状況を分析したり、問題点を洗い出したり、改善のための対策を練ったりします。アンケートなどで店舗の状況を把握するという手もありますが、覆面調査の方がより精度の高い状況把握が可能になります。外部からの視点を得られる点も大きなメリットです。いつ調査が入るかわからないため、緊張感をもって作業することにもつながります。